Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生田緑地ばら苑はプレミア感のある森のバラ園!
1

 

もともと小田急向ケ丘遊園にあったばら苑ですが、

閉園することが決まり存続を求める声に応えて

2002年に川崎市が引き継いだそうです。

(生田緑地ばら苑の歴史より参照)

ここでは、約533種、4700株のバラを栽培しています。

ばら苑は生田緑地の一部で長尾地区にあります。

生田緑地には、他に岡本太郎美術館、川崎市立日本民家園、

川崎市青少年科学館、藤子・F・不二雄ミュージアムなどの施設もあります。

生田緑地ばら苑は、春と秋の2回だけ期間を区切って公開される施設で、

今年の春は、5月11日から28日となっているプレミアなバラ苑です。

アクセスは小田急線向ヶ丘遊園駅が便利です。

そこからバスで藤子・F・不二雄ミュージアムバス停を下車。

山道を登るとばら苑になります。

 

山道入口付近から見ると、

雑木の中鬱蒼(うっそう)とした景観と急な坂道を登るにつれ、

「大丈夫かな」と一瞬脳裏をよぎりました。

山道入口

 

道半ばに警備員さんがおられその誘導で駐車スペースのある右側へ向かいます。

ほどなくして真新しい木の階段があり、

さらに急勾配の山道を登った頂上から、突然苑の全景が目に入ります。

実は取材当日の午後に急な天候の変化があり、

雨が降ったり止んだりという時間が続きました。

木階段山道

 

頂上から階段を降りると、数多くのバラ達が迎えてくれます。

生田全景

ばら苑全景

 

こちらの苑は、モダンローズが中心です。

雨露(あまつゆ)のおかげで、還ってバラが美しく見られ、

瑞々しいいシズル感のある印象を受けました。

 

こちらもヨーロッパ調のガーデンスタイルで、

芝生の上も歩けるなど、快適な散策を楽しめます。

A5花壇A6花壇

A7花壇A8花壇

 

どのバラも元気があり、

色とりどりの花々が凛として清々しい姿をむせてくれます。

A9花A11花

A12花

 

ここでは、沢山のボランティアの方々が小グルーごとに

説明を受けているところを拝見し、

地域に根ざした素敵な施設だと感じました。

もともと生田緑地は、

今では珍しくなった自然を生かす取り組みが

盛んな土地だと聞いたので納得です。

 

苑の特徴の一つは、ロイヤルガーデンがあることです。

各国の王女さまなどの方々を記念した名前の付いたバラが

一箇所にまとめられて栽培され、見る者を魅了しています。

A13ロイ1A14ロイ2

ロイヤルコーナー

A15ロイ3A16ロイ4

 

バス停脇の藤子・F・不二雄ミュージアムに

別れを告げて帰途につきます。

A17藤子

 

多摩丘陵の草木林に囲まれた素晴らしい「ばら苑」

機会があれば是非訪ねてみてください。

期待を裏切りません。

 

ピュアアロマ協会のローズウォーターマイスター養成講座、

全国(東京、名古屋、大阪、鹿児島)で開催中!

詳しくは、こちらでご案内します。

http://pure-aroma.net/info

posted by: purearoma2017 | ローズ | 18:30 | comments(0) | - |